アサヤケダイブログ

朝焼けダイブのタケウチヤスコが
何気ないことを口下手かつ不器用ながらつづります。
<< ふりかえります | TOP | 相変わらず、ごぶさたですが >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ホーム。
12月あたりや、新年あけて、ホームって言葉をよく、聞いたり、目の当りしてます。

おっと、遅くなりましたが、2010年始まりましたね。

明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

で、ホームって言葉に戻ります。

昨年の12月の始め、我が波達の2010年の真夏の展示会があったのですが。
それにむけて、写真を撮りにいったのですよ。

いわゆるロケです。

会社から、浅草や、根津あたりが、近くって。
そこで、ロケしたのですが。

テーマはHome(地元)っていうコンセプトでして。

役者友達の、康平くんと、稲垣希ちゃんをモデルにしまして。

なかなか、楽しい撮影でした。
写真を載せたいですが、ちょいと今ないっす。

ちなみに、カメラマンは拙者でして。
かなりノリノリで撮ってました。


そして、12月の映像作成していたのですが、結婚式のプロフィールビデオでして。
音楽がミスチルのアルバム「HOME」に収録されている曲で作ったりなんかもしまして。

先日、今年の年初め観劇が、
発砲時代の先輩、むっちゃんこと武藤晃子さんのプロデュースユニット
むーとぴあの「はじめての食卓」を見に行きました。

めっちゃ、よかったよ〜。
すげ〜よ、むっちゃんわ〜。

いわゆる、王道ホームドラマなのですが。
わかぎえふさんの脚本で。
若月理代さん演出。

そして、共演者達も、小劇場ファンには、かなり、おいしい、豪華な組み合わせでして。

全ての要素が、すばらしく、楽しかったですよ。

うちのモデルをしてくれた、のんちゃんも出演が急遽決まって。
のんちゃんも、よかったし。

むーとぴあの1回目公演が海外逃亡していたため、どうしても見れず。
今回見る事ができて、なおかつ、久々に楽しい舞台を見れて、ホントよかったっす。

王道のホームドラマなんですけどね〜。
なんだか、うまいのですよ〜。

年末年始にかけて、韓国の大好きなホームドラマ「憎くても可愛くても」をまた、
見返してるのですが。
やっぱり、ホームドラマといえば、食卓って大事ですね。
鬼のように、それぞれの家族の朝食シーン夕食シーンばかりっす。
すごい。

昔のドラマだと、「ありがとう」っていうのがあって。
おそらくTBSでして。
水前寺清子が娘で、
お母さんが山岡久乃で。

なんと、今調べた所、脚本は平岩弓枝さんなんですよ。
びっくり。

確実に、拙者産まれていないのですが。
再放送で見てました。

チーターが歌う主題歌の「ありがとう」もいいんですよね〜。

このドラマを通して、山岡久乃さんを見ると、
勝手に自分の母親だと思ってしまっていたくらいでして。
お亡くなりになった時は、めっちゃ悲しかったっすもん。

あ〜、もう1回みたいっす。
DVD化希望。

とまぁ、ホームって言葉、これ、今年のキーな言葉かもしれません。

ちょっとずつ、朝焼けダイブライブの準備をし始めているのですが。

資料で借りたDVDの「香港ノクターン」という、ショウブラザーズ製作なのに、
日本人監督日本スタッフたちが撮り、出演は香港スターというおもろい構成。
レビューものなのですが、家族の絆も描いていて。
テイストが日本なのが、ちょっと面白かったですけど。

今度のライブはホームドラマでは、ないんですけど。
この感じだと、ホームよりになりそうな予感。

でも、このホームって言葉はいいですね。
なんだか、ホームがあるから、いろいろとやれるし。
チャレンジしていけますから。

今年は朝焼けダイブというホームでしっかり活動していきますよ。

よろしくお願いします。

むーとぴあのパンフです。
むっちゃんと、のんちゃん。
お二人とも素敵な女優さん。
拙者のショートフィルム「so-zetsu3」にも二人出演してくださってます。

むーとぴあはこちらから

ちょっと、髪型が東方神起きみたいっす。
髪切りたいのですが
いつも切ってくれている、め〜ちゃんは、3ヶ月海外旅行中。
どうしようかな〜。

でわ。
01:06 | PLAY!! | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
01:06 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asayake-dive.jugem.jp/trackback/537
トラックバック