アサヤケダイブログ

朝焼けダイブのタケウチヤスコが
何気ないことを口下手かつ不器用ながらつづります。
<< とっても不規則 | TOP | 美容師って >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
芝居をはじめたきっかけ

本日、ハイリンドの枝元萌ちゃんが出ている
加藤健一事務所の「パパ、I Love You!」を見に行く。

初の加藤健一事務所です。

偶然にも、隣に座ったのが、高校の同級生の、花組芝居の小林大介。
ちょっと笑ってしまった。

ちょっと前に、花組の公演があったのですが、見にいけず。
ごめんね〜、小林。
しかも、終演後、花組の座長の加納さんに紹介していただき。
さわやかでした、加納さん。

そんな素敵な偶然もあったのも嬉しかったです。

そして、話を萌ちゃんに戻しますが。
萌ちゃんが芝居を始めたきっかけが、まさに、今回の作品「パパ、I Love You!」だそうで。
初演をテレビで見てとってもおもしろくて、そのまま芝居を始めたという。
そして、再演で、出演しているってすごいなって。

それって、なかなかないっすよね〜。

めっちゃ面白かったっすよ〜。
脚本がやっぱりいいんだろうなぁ〜。
役者さんもみんないいしね〜。
そして、萌ちゃんはやっぱり、おもしろいな〜。

お客さんも満員で、盛り上がっていました。

初心に返った、萌ちゃんの今後の活躍が楽しみだわ。
ホント、大好きな女優さんでありますので。

萌ちゃんのブログはこちらから。


拙者の芝居へのきっかけは、いろいろとありますが。
やっぱり、映画を撮るってことがちっちゃな頃からやりたかったんですが。
大学受験シーズンに宝塚にはまり。演劇っておもろそうって思って。
なぜだか、演劇学専攻の大学に入ってしまい。
でも、サークルに入れずじまいで。
たまたま見た惑星ピスタチオに衝撃を受け。
大学以外で芝居を始めてしまって。
本日に至るって感じですが。

発砲にも縁があったりして。
高校時代にテレビのインタビュー番組に出ていたきださん、愛ちゃん、ラブピーさんをずっと覚えていて。
入ったときに、気付いたりもした。

いろんな縁で今、生きているんですね〜。

最近はたいした、活動をしてませんが、やっぱり芝居の世界ってとっても、
拙者を形成している核の部分ですから。
今後も、たくさんいろんな形で関わっていくんだろうなって。

そんなことを、思ったりしました。

あっ、そうそう、「インスタント沼」見てきました。
これも、面白かったよ〜。
三木節炸裂、麻生久美子すばらしい。ってことで。
久々のミニシアターを楽しんだのでしたとさ。

21:45 | PLAY!! | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
21:45 | - | - | -
コメント
俺が芝居を観るようになったのは、中2くらいの夏休みにNHKのBSでたまたまやってた芝居を観た事ですかね。
つまらないから何となく、って理由で自殺しようとした女の子に、神様が天使を使って命の大切さをわからせる、ような内容で、手話を交え字幕付きでした。
それから何年も経ってシアターTVでジャスキストリロジーを観て、内容も全く調べずセンゴクプーを観に本田劇場へ。

そう言えば、たまちゃんもトランスホームリフォームを観て、やよいちゃんの役をやる、って言って、インターナショナルバージョンで演じましたね。
2009/06/11 12:06 AM by なま
そうですね〜、たまもそういえばそうですね〜。

ハマる時のスイッチって、ホント、タイミングだったりするし。
いろんな縁もあったりして。
面白いですよね〜。
2009/06/12 1:36 AM by タケウチヤスコ
芝居を観るきっかけ?
会社に入って1年たった春。同期のT君に、
「友達が来れなくなったんだけど、いかない?」
誘われて観たのが、夢の遊眠社「半神」。
なんかわからないけど、華やかな世界。そして初めて見た
野田秀樹。でもそのとき一番惹かれたのは、松浦佐知子さん
の「声」でした。
あれからいったい何本くらい観たんだろう。
しかし、それからの私の生活を考えると、確実にあのとき
観た「半神」で変わったと言える。

西牟田恵さんに惹かれたのも「声」。
加藤健一事務所も西牟田さんが出演された「プレリュード・
トゥ・ア・キス」を観にいった。
何気に最近気になってたのですが、知らんまに復活してないか?
顔が写真で体がマンガという加藤健一事務所のチラシ。
2009/06/12 3:40 AM by mimio
なるほど、声って大事ですよね。

大きな舞台でみていても、声で、この人、誰だってわかりますもんね〜。

たまたま、舞台の演出上、その役者さんがアンサンブルで出ても。
わかっちゃうし。

声は大事だと思います。

西牟田さんの声は素敵です。
拙者に近い感じです。どちらかというと。


あとは、やっぱり、自分にない声にあこがれる。
麻生久美子とボニーちゃんっすね。最近は。

加藤健一事務所は今回は、きっと15年前の再演だから、
それに似せたのではないでしょうか?
コメディですし。
2009/06/12 12:02 PM by タケウチヤスコ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asayake-dive.jugem.jp/trackback/465
トラックバック